黄ばんでしまった壁も原状復帰で元通り|新品同様になる魔法

元の状態に戻す作業

賃貸契約で重要な項目

作業員

賃貸不動産の賃貸借契約において、契約満了時には必ず原状復帰が必要となります。原状復帰とは、賃貸部屋を契約前の状態に戻す作業の事をさします。部屋は人が生活する事により、各所に汚れや劣化が発生して傷むのが普通です。例えば、タバコを日常的に吸う方は、部屋の壁や天井にヤニ汚れが付着し、黄ばんだり臭いがつくなどが起こります。また、畳なども家具を設置する事で重さによりへこんでしまったり、日焼けして色あせするなど、皆さんも一度はご覧になった事はあるでしょう。これらを契約前の状態に戻すのは、借りる側の義務になっているのが賃貸借契約の特徴で、大家側は原状復帰を求める権利が存在します。原状復帰を行うには専門業者によって工事を行う事になりますが、通常では大家側が業者手配して作業が行われる事が多いです。原状復帰作業の対象は、借主が生活するうえで汚したり劣化させた箇所だけ、借主側に責任が生じます。しかし、近年では裁判所の判断で畳のやむをえない経年劣化は、借主は責任を負う必要はないとの判決が出ています。このため、家具の重みによるへこみや色あせは、大家側の責任で交換が行われるのが一般的です。また、トラブル防止の為、大家と退去者そして専門業者の3者間で、立会い見積もりや精算が行われるのが一般的となってきました。この事により退去時のトラブルが以前より減少していて、スムーズな退去につながる効果が生まれています。責任問題があやふやな時は、専門家を頼りましょう。

清掃費用や修繕費用

作業員

賃貸住宅での原状復帰は、以前に誰かが住んでいたという痕跡を可能な限り除去することを目指して行われます。たとえばドアノブについている手垢や、排水溝のぬめりや水垢が除去されたりするのです。賃貸住宅は生活に利用する場ですから、人間の体から出てくる汚れや食べ物の汚れなどが多く付着します。これらを徹底的に除去して、次の借り手に不満を与えないようにすることが、原状復帰なのです。かかる費用は、賃貸住宅の広さや設備によって異なっています。清掃のみという比較的容易な原状復帰の場合で、相場はバストイレつきのワンルームで約2万円です。そして1LDKや2LDKといった具合で1部屋増えていくにつれて、約1万円アップしていくのです。ただしエアコンが設置してある場合、エアコンクリーニングが必要となるので、その分1万円ほど多く費用がかかることになります。当然、エアコンの台数分だけクリーニング料金が加算されます。また清掃では除去できない汚れや傷がある場合は、修繕工事が行われます。たとえば壁紙が大きく破れている場合や、床板が削れてくぼんでいる場合には、新しいものへの張替えが行われるのです。もちろんコンロやエアコンなどが故障している場合は、修理されたり新品に交換されたりします。これらによる手間暇が多くかかるほど、原状復帰の費用も多くなります。トータルで数十万円となるケースも少なくないのですが、しかし十分に行っておけば、以前の借り手の痕跡はほとんど残らなくなります。たとえペットが飼われていたとしても、その爪跡はもちろん匂いもほぼ完全に除去されるので、原状復帰には定評があります。

新築時に近い状態に

作業員

賃貸住宅での原状復帰は、一般的に建築や内装工事を専門としている業者の手で行われます。もちろん大家または賃借人が自らの手で行うことも可能ですが、それでは完成度が低めとなる可能性があります。壁紙の張り替えの場合、部分的にシワや浮きが生じたり、コーナー部分が剥がれやすい状態になったりすることがあります。そのため、ほとんどの大家が、自身や賃借人の手を過信せずに、業者に原状復帰を任せています。もちろん業者ならどこでも良いというわけではなく、技術やコスト面において信頼できるところを選ぶ必要があります。特に信頼されているのは、その賃貸住宅の建築に深く関わった業者です。なぜなら原状復帰はそもそも、新築時とほぼ同じ状態に戻すことを目的として行われるからです。そして建築に関わった業者なら、新築時の状態を把握していることから、的確にスピーディに原状復帰を進めていくことができるのです。もちろん壁紙など必要となる資材は、基本的に新築時と同じものが使われます。在庫がなかったり、メーカーでの製造が終了となっていたりする場合には、元のものに色合いや性能が極めて近いものが使われるのです。こういった原状復帰によりその賃貸住宅は、新築時と比べて遜色のない状態に仕上がります。経年劣化による多少の色褪せなどはあるものの、衛生面や機能面での問題はないため、次の賃借人は安心して借りることができます。つまり空室のままとなるリスクが少なくなり、大家の賃貸経営が安定しやすくなるということです。

退去時にもめないために

工具

多くの賃貸物件には契約書に原状復帰義務に関する記載があり、退去時には原状復帰の必要性が生じます。業者に依頼するにしても、どの程度の原状復帰が必要なのかを、契約時にしっかりと確認しておくことで後々のトラブルを防ぐことが出来ます。

もっと読む

手間や費用は抑えて

リフォーム

多くの賃貸物件は、退去時に原状復帰することが契約書の項目に記載されています。貸主側で業者を手配するのが一般的ですが、入居者が自分で手配することも可能です。自分で手配することで費用を抑えつつ納得のいく工事をしてもらうことも出来ます。

もっと読む

貸方基準を知るべき

リフォーム

原状復帰工事には、A工事、B工事、C工事があります。A工事は費用負担も工事業者の選定もオーナーが行う共用部分等の工事です。B工事は費用負担はテナントですが工事業者はオーナーが行い、借りた部屋の基本的仕様を変える工事のことです。C工事は基本的仕様を変えない程度の簡単な工事をさします。

もっと読む