黄ばんでしまった壁も原状復帰で元通り|新品同様になる魔法

貸方基準を知るべき

分類を把握しておく

リフォーム

テナントを借りて店舗経営をしていた場合、原状復帰をしてからオーナーに返さなければなりません。原状復帰にかかる工事は、A工事、B工事、C工事の三種類に分かれており、どこの工事を誰の費用負担で行うかが定められています。また、貸方基準という基準に準じて誰が費用負担を行うのかも決められています。原状復帰を行うときはこれらのことを知っておくべきでしょう。まずA工事ですが、この工事は費用負担はオーナーが行い、工事業者の選定と発注もオーナーか行うものです。具体的には、ビルそのものの構造体、共用部分の内装、基本的な空調設備や電気設備、配線工事などをさします。一人の貸し主のみが使うのではなく、借りている人全員が使う部分であるため、オーナーが負担するという考え方です。B工事は、費用負担はテナントが行いますが、工事業者の発注と選定はオーナーが行います。具体的には、借りている部屋の標準仕様を、テナントの意向で変える場合です。壁、床、天井などの工事や、電気設備などの工事がその例です。原状復帰工事というとたいていはこのB工事をさします。C工事は、費用負担も工事業者の選定、発注もテナントが行います。部屋の構造にまで影響を与えないカーペットの設置や間仕切りの設置といった、小規模な変更にかかる工事です。これも原状復帰に入ります。本来A工事となるべき共用部分までテナント負担の原状復帰が求められる場合は、なぜそうなのかを貸方基準を確認することにより明らかにする必要があります。

難しい汚れもきれいに

リフォーム

賃貸用の物件を管理していると、住んでいた人が室内を汚してしまうケースがよくあります。簡単な汚れであれば掃除するだけで元に戻すことができますが、汚れが部屋中に飛び散っていたり床下まで染み込んでいる場合などは対処するのも難しくなります。そうした状況に遭遇した時には、原状復帰のサービスを利用するのが一番です。清掃のプロが行う原状復帰サービスは、汚れを徹底的に落とした上で元の部屋を取り戻してくれます。こちらの要望にもきめ細やかに対応してくれるため、かゆいところに手が届くサービスの良さが魅力です。サービスを利用する上で知っておくべきこととしては、汚れの状態によって料金が変わってくるということです。単純な汚れであればきれいにするのに時間がかからないため低料金で依頼できます。しかし落としにくい汚れである場合や汚れている面積が広い場合には、作業工程が多くなるため料金も高くなってしまいます。詳しい料金については、原状復帰の業者の方に見積もりをお願いすると教えてもらえます。基本的な原状復帰のサービスは、掃除などに限られることも知っておくべきです。例えば室内に使われているふすまや畳などが完全に破損した時には、別の業者に依頼して補修してもらわなくてはいけません。壁などの破損についてもリフォーム業者などを利用するのが一般的です。しかし最近は原状復帰の業者の中にも、リフォーム業者並みのサービスを提供するところが出てきています。どのレベルの補修まで対応してくれるのかも、見積もりの際に問い合わせておくと安心です。

よい業者の選び方

工具

オフィスやテナント、個人住居など物件を借りた場合は原状復帰して返す必要があります。原状復帰といっても新品に戻すのは不可能なので、できる範囲でということになりますが、オフィスやテナントなどの商用で使った場合は、多くの場合業者に依頼して原状復帰をする必要があります。原状復帰の費用は借り主負担となっていることが多いです。たいていはオーナーから原状復帰業者の指定があるため、その業者に依頼して工事してもらうことになります。オーナーとしては確実に原状復帰してもらい、長く資産として活用していきたいという思いがあるため、業者を変更するのはまず難しいでしょう。借り主が費用をけちって業者を選んだりすると、工事に不備があったり手抜き工事をされたりすることがあり、オーナーにはデメリットしかないためです。オーナー側として、業者を選ぶときは、値段が高すぎず確実に仕事をしてくれる業者を選ばなければなりません。よい業者を選ぶには、見積もりや対応で見極める必要があります。見積もりで確認すべきは、項目の詳細さです。費用が安いかも重要ですが、安かろう悪かろうでは意味がないので、内実をチェックしましょう。項目が詳細であり、かつわかりやすい見積もりかをチェックしなければなりません。どこの修理に対する費用なのかがすぐにわかるかがポイントです。対応は、営業マンや電話対応の感じと、実際の職人の対応を確認しましょう。腕が良くても、きちんとした説明がなされていないのでは不安が残ります。コミュニケーションがきちんととれるかが重要です。

退去時にもめないために

工具

多くの賃貸物件には契約書に原状復帰義務に関する記載があり、退去時には原状復帰の必要性が生じます。業者に依頼するにしても、どの程度の原状復帰が必要なのかを、契約時にしっかりと確認しておくことで後々のトラブルを防ぐことが出来ます。

もっと読む

手間や費用は抑えて

リフォーム

多くの賃貸物件は、退去時に原状復帰することが契約書の項目に記載されています。貸主側で業者を手配するのが一般的ですが、入居者が自分で手配することも可能です。自分で手配することで費用を抑えつつ納得のいく工事をしてもらうことも出来ます。

もっと読む

貸方基準を知るべき

リフォーム

原状復帰工事には、A工事、B工事、C工事があります。A工事は費用負担も工事業者の選定もオーナーが行う共用部分等の工事です。B工事は費用負担はテナントですが工事業者はオーナーが行い、借りた部屋の基本的仕様を変える工事のことです。C工事は基本的仕様を変えない程度の簡単な工事をさします。

もっと読む