黄ばんでしまった壁も原状復帰で元通り|新品同様になる魔法

退去時にもめないために

どの程度の作業がされるか

工具

住宅を退去する際に、入居時の状態に戻す義務こそが原状復帰です。原状回復と呼ばれることもあります。入居時の状態に戻すといっても、どこまで戻す必要があるのかを知っておくことで、後々トラブルを防ぐことが出来ます。原状復帰によるトラブルというとあまりピンと来なくても、敷金トラブルというと聞いたことがある、想像できるという人が多いのではないでしょうか。ポイントを知っておくことでより多くの敷金を返還してもらうことが出来ます。賃貸契約の中には、退去時のハウスクリーニング費用は、入居者負担による趣旨の記載がある物件が多くあります。契約書に記載がある場合は、ハウスクリーニングにかかった費用のうちの一部(または全部)や修繕にかかった費用などを敷金から差し引いた金額が返還されます。この修繕の必要性は、借主と貸主立ち合いの元部屋を確認した際に、お互い納得して共有されます。退去時の確認の署名がこれに当たります。退去時の敷金トラブルの多くがハウスクリーニングの必要性の有無です。多くの人は、退去時に拭き掃除などの掃除を行い退去しますが、やはりこれだけでは不十分と判断されることが多く、よほどのことがない限りハウスクリーニングが行われます。どうしてもこの費用を支払いたくない場合は、目に見える部分はもちろん排水管やシンク下なども入念に掃除したうえで貸主に交渉する必要があります。手入れの程度によっては、ハウスクリーニング費用が必要ないこともあります。多くの物件で原状復帰義務がありますが、中には好きに手を加えても良いという物件もあり、こうした物件には原状復帰を免除しているものもあります。大切なのは契約時に契約書の内容をじっくり確認し、どの程度の原状復帰が必要なのかをしっかり把握しておくことです。そうすることで、不要な費用を請求されることなく気持ちよく退去することが可能となるのです。

老朽化対策にも

工具

賃貸住宅のオーナーは、通常は借主が退去するたびに原状復帰工事を行っています。その内容としては、借主によってついてしまった汚れを除去したり、傷を目立ちにくくしたり、必要に応じて天井や壁のクロスを張り替えたりするのです。こういった原状復帰工事により、その賃貸住宅の衛生状態が良くなれば、それだけ次の借主が見つかりやすくなります。つまり原状復帰工事は、オーナーの収入を途絶えさせないためには必要不可欠なことと言えるのです。また、そのオーナーが同条件の複数の賃貸住宅を有している場合、それぞれの価値を統一するためにも原状復帰工事が必要とされています。なぜなら、同じマンション内で、全く同じ間取りの部屋を複数所有していた場合、そのうちの1部屋のみ状態が著しく悪くなると、その部屋については他の部屋と同条件では貸すことが難しくなります。条件が同じなら、借主はより美しい部屋を選ぶことになるからです。つまり、その部屋の入居率が下がるということですから、そのため利益を安定させるためにも、オーナーは原状復帰工事を行っているわけです。もちろんオーナーが自力で行うのではなく、原状復帰工事はほとんどの場合、提携している清掃業者やリフォーム業者に任されています。いずれも住まいを美しい状態にするプロですから、任せれば賃貸住宅の品質をよりアップさせることが可能となるのです。もちろん建物としての状態も安定しやすくなるので、原状復帰工事は老朽化対策にもなると言えます。

より人気を高めることも

リフォーム

建物は建築完了後、日に日に状態が悪くなっていきます。不特定多数の人が利用することになる賃貸住宅は、特に劣化しやすいのですが、業者に原状復帰を依頼すれば、それをある程度防ぐことが可能となります。さらに原状復帰では、賃貸住宅の人気を高めることも可能となっています。一般的に賃貸住宅は、築年数が増えるほど汚れが目立ちやすくなりますが、その分家賃が安くなります。しかし原状復帰により劣化が食い止められれば、その賃貸住宅は築浅物件と同じくらいきれいな状態を維持できるようになります。それでいて実際には古く、家賃が安めとなっているのですから、これにより人気が高まるわけです。また業者の中には原状復帰の際に、賃貸住宅に付加価値を与える提案をするところもあります。たとえば壁のクロスの張り替えをする際に、破れにくく防臭効果の高い、ペット飼育用のクロスを勧めるといった具合です。これによりその賃貸住宅がペット飼育可能物件となれば、入居希望者が増えやすくなります。このように原状復帰は、賃貸住宅の品質維持や向上のためには、とても大切なことなのです。しかし、工期や工事中の騒音には十分に気を付ける必要があります。工事中には当然入居できないので、工期が長いほど大家が家賃収入を得ることのできない状態が長く続くことになります。またマンションなどの集合住宅の場合は、工事の騒音で左右の部屋や上下階の部屋の住人に迷惑がかかることで、退去率が高まる可能性があります。これらを回避するために、原状復帰では事前に業者にしっかりと、工期や騒音について確認しておくことが大事です。

退去時にもめないために

工具

多くの賃貸物件には契約書に原状復帰義務に関する記載があり、退去時には原状復帰の必要性が生じます。業者に依頼するにしても、どの程度の原状復帰が必要なのかを、契約時にしっかりと確認しておくことで後々のトラブルを防ぐことが出来ます。

もっと読む

手間や費用は抑えて

リフォーム

多くの賃貸物件は、退去時に原状復帰することが契約書の項目に記載されています。貸主側で業者を手配するのが一般的ですが、入居者が自分で手配することも可能です。自分で手配することで費用を抑えつつ納得のいく工事をしてもらうことも出来ます。

もっと読む

貸方基準を知るべき

リフォーム

原状復帰工事には、A工事、B工事、C工事があります。A工事は費用負担も工事業者の選定もオーナーが行う共用部分等の工事です。B工事は費用負担はテナントですが工事業者はオーナーが行い、借りた部屋の基本的仕様を変える工事のことです。C工事は基本的仕様を変えない程度の簡単な工事をさします。

もっと読む