黄ばんでしまった壁も原状復帰で元通り|新品同様になる魔法

手間や費用は抑えて

良い業者の見つけ方

リフォーム

原状復帰という言葉、普段の生活ではあまり耳にする機会もありませんが、賃貸物件に住んでいる人にとっては他人ごとではありません。住んでいる部屋を退去するときに、入居時の状態まで戻すことを意味し、ほとんどの賃貸物件で入居者に課せられる義務なのです。中には、リノベーションやDIYなどを可能とし原状復帰の必要性がない物件もあります。しかし、ほとんどの物件で原状復帰は契約事項に記載されています。ただ原状復帰といっても、契約内容によりどの程度までの復帰を求めるかというのは物件によって全く異なります。退去する際には、オーナーや不動産屋さんなどの貸主と入居者で部屋の立ち合い確認が行われます。この立ち合い確認で、どこをどの程度復帰する必要があるかという確認をし、両者で共有します。共有した内容で貸主は業者を手配して復帰を行います。ただこの原状復帰は貸主でなくても業者を手配することはできます。とはいえ、床を補修する必要があれば大工を、クロスの張替えが必要ならクロス業者を、水道の水漏れは水道業者と復帰する内容によって、依頼する先が変わります。しかし、つてがなければこうした業者を見つけるのも一苦労です。当然業者によって施工方法や技術や金額など全く異なるのでしっかりと打ち合わせをしたうえで、契約する必要があります。たくさんの箇所を原状復帰する必要があるのであれば工務店など総合的に請け負ってくれるところに依頼するのも一つの手です。そうすることで、手間が省けるだけでなく業者間の連携が取れているのでスムーズに工事を行うことが出来るからです。まずは、依頼する前にどういった工事が必要になるのかを明確にしたうえで、総合的に探すのか職種を絞って探すのかを決めることで楽に原状復帰を行うことが出来ます。最近では、依頼内容を入力するだけで、複数の業者で一括して見積もりが取れるサービスなども上手に活用することで気軽に満足のいく原状復帰が可能となります。

法的義務がされています

リフォーム

原状復帰は原状回復とも言われ、賃貸不動産で入居者が退去後に、室内を入居者が入居した時点の状態に戻すことが原状復帰や原状回復といいます。賃貸不動産を取り扱う不動産会社やオーナーは、原状復帰・原状回復は、よく耳にする言葉であります。原状復帰と原状回復は同じ意味ですので、不動産会社やオーナーによっては、どちらかを使用することがありますが、原状回復の方が、意味合いや使用される頻度が多いことから、統一的に使用する流れになっています。法的な解釈だと、原状復帰は賃貸人と賃借人との不動産賃貸借契約の中で、賃借人の賃貸借契約が終了した後、賃貸人に明け渡すことが義務付けされています。そのため、賃貸人と賃借人は、不動産賃貸借契約が解除されるまでは、当事者間同士で元の状態に戻すことが義務として法的に定められていますので、原状復帰・原状回復は法律で定められた義務ということです。賃貸物件を探している中で、内覧する物件がすべて綺麗にされていることが一般的です。原状復帰前の内覧は、入居を敬遠されがちですので、仲介する不動産会社は、原状復帰後の内覧を行うようにしていることが多いです。実際に、内覧する側としたら、退去後の汚い状態で内覧しても、入居したいという心理にはならないため、きれいな状態で物件を内覧させるためにも、原状復帰工事は重要です。この原状復帰は、専門業者に依頼することで円滑に進めてもらえます。ただ費用などは業者ごとに異なるので、依頼前は比較を行なうようにしましょう。

敷金返還までの期間

リフォーム

ほとんどの賃貸物件では、賃貸借契約書の中に原状復帰義務に関する明記があり、退去時に原状復帰の義務が生じます。住宅業界では、原状回復と同様の意味で用いられます。原状復帰とは、名の通り、原状つまり入居時の状態まで部屋を元通りにする事を指します。ただし、居住年数が長くなればなるほど汚れや劣化が生じます。このように、一般的に日常生活を送っていて、ついた傷や経年劣化など入居者にはどうしようもない部分を復帰する場合は、オーナーや不動産会社な度が費用を負担する事になります。つまり、入居者に求められる原状復帰義務は故意や過失によって、また通常の生活の範囲でもメンテナンスや手入れを怠ったことが原因の劣化に関する部分となります。ただ、傷や劣化もどこまでが入居者に責任があるのかを判断するのはとても難しくなります。ですので入居者と貸主側の立ち合いの元どこをどういった工程で復帰するのか確認し、共有することが最初の工程です。原状復帰箇所を確認するとともに工事に伴い、負担する費用もしっかり確認しておく必要があります。内容に納得すれば、ほとんどの場合貸主側で業者の手配を行い原状復帰工事を行います。工事が終了すれば敷金から費用を差し引いた額が返還されるなり、必要な費用を請求されます。工事の内容にもよりますが、工事自体は早ければ1日、長くても数週間程度で終了します。工事が終了し工事業者から貸主側への請求額を確認し、敷金から減額したものが返還されます。ですから、工事が必要な場合では敷金の返還が大挙してから数か月たってからというケースも珍しくありません。もちろん工事が必要な場合でも、あらかじめ入居していた人の費用負担が明確な場合などはもっと早いタイミングで返還されることもあります。ほとんどのケースでは、引越しも完了し、部屋に何も荷物がない状態で立ち合い確認が行われます。この時に気になる点はしっかり確認しておく必要があります。

退去時にもめないために

工具

多くの賃貸物件には契約書に原状復帰義務に関する記載があり、退去時には原状復帰の必要性が生じます。業者に依頼するにしても、どの程度の原状復帰が必要なのかを、契約時にしっかりと確認しておくことで後々のトラブルを防ぐことが出来ます。

もっと読む

手間や費用は抑えて

リフォーム

多くの賃貸物件は、退去時に原状復帰することが契約書の項目に記載されています。貸主側で業者を手配するのが一般的ですが、入居者が自分で手配することも可能です。自分で手配することで費用を抑えつつ納得のいく工事をしてもらうことも出来ます。

もっと読む

貸方基準を知るべき

リフォーム

原状復帰工事には、A工事、B工事、C工事があります。A工事は費用負担も工事業者の選定もオーナーが行う共用部分等の工事です。B工事は費用負担はテナントですが工事業者はオーナーが行い、借りた部屋の基本的仕様を変える工事のことです。C工事は基本的仕様を変えない程度の簡単な工事をさします。

もっと読む